2020年オリンピック開催地決定!

こんにちは。

2020年オリンピックの開催地が東京に決定しました!お~、なんかなんか、心が躍ります!石原元東京都知事がオリンピック招致を言い出した時には、税金の無駄遣いでは・・と考えていたのですが、先見の明のなさに恥じ入るばかりです。

日本はすでに国威発揚したり、発展度を世界に発信する時期を過ぎた国です。そこでのオリンピック開催は、将来への期待感・希望につながっていくのだと思います。ロンドンオリンピックもそんな感じでしたよね。ロンドンっ子はもっと醒めてるのかと思ったら、心から楽しそうにしていたし。

世界的な大イベントは、それだけでものすごいエネルギーを生むわけで、そのエネルギーの渦が東京で次第に大きくなっていくのかと思うとワクワクしますよ。経済効果がいくらとか、そんなの小さな問題ですよ。どうせ実体のない数字なのだから、あまり野暮な話題で汚さないでほしいくらいです。

すでに、各競技の開催予定地なども公開されていて、その緻密さにびっくり。やっぱり、元々のインフラを活用できるのは大きいですね。7年後か・・言葉にすると3文字だけど遠いな(笑)。オリンピックが開催されるそのとき、こころから楽しめるようなゆとりを身につけていたいものです。

ではでは。
[PR]



# by 3minute | 2013-09-10 22:37 | スポーツ-いろいろ

親善試合 日本 3 - 0 グアテマラ

こんにちは。

もうすぐ次の次のオリンピックの開催地が決まるんですねー。イスタンブールはシリア問題の影響で不幸だけど厳しい情勢で、東京とマドリードの一騎打ちの様相ですが、どうなるか。ロンドンをやったばかりなので、普通に考えればヨーロッパに戻ってくるのは早すぎるし、東京に大きなチャンスがあることは間違いないです。ここで逃したら未来永劫東京ではオリンピック開けませんね。東京でオリンピックを観てみたいので、是非勝ってほしいのですが・・どうなるか。

さて、キリンチャレンジカップの第1戦はグアテマラ。古豪ですが、最近戦ってきた相手と比べると小粒です。ここで守備陣の再確認と攻撃陣のヴァリエーションを増やすことが試されたのは当然と言えるでしょう。本田がベンチスタートでトップ下香川、先発で大迫が起用されたのは驚きましたが。

前半戦は、清武が光りました。やっぱ、前線に清武がいると攻撃にリズムの緩急が出ますね。意図をもってゲームをコントロールできる得難い選手だと思います。アストン・ビラが1000万ユーロ超のオファーを出してニュルンベルクがすげなく断ったのもうなずけますよ。

この試合ではいつもの右サイドではなく左サイドに配置されていて、岡崎と同時起用するとどうなるかというテストになっていたように観えました。久々の先発起用ということで気合が体中にみなぎっているようで、いつもよりゴールへの意識が高く、ここで結果を残してやる!という思いが伝わってきました。気合が入りすぎて、難しいパスを何度か出して失敗していたのはらしくないプレイだったと思いますが。

大迫は東アジア杯以来の先発起用。柔らかいポストプレイだけでなく、自分には点を取る能力もあると大いにアピールしてました。鋭い反転からの突破、強烈なミドルシュート、ゴール前でのポジショニングの良さ、最近の鹿島での充実ぶりがうかがえるプレイぶりでした(横浜戦の2点は凄かった)。得点が取れてればなあ・・香川の突破からのこぼれ球をシュートしたシーンはもったいなかったです。

工藤はプレイが実に安定していますね。これは岡崎もうかうかしてられない。柿谷も特に本田との連携が良く、高い技術を生かした最前線でのパス交換はわくわくさせられました。ほめすぎかもしれないけど、セスクが前線に入ったスペインを思い起こされました。前田とハーフナーも気が気じゃないでしょう。

古株では遠藤と長谷部が実に効いていました。遠藤はバイタルエリアに進出してくる動きが効果的で、ちょいっとDFをかわしてからペナルティエリアにパスを供給する様はさすがです。オシム前監督が「遠藤はバイタルエリアにもっと顔を出すべきだ、あれくらい技術の高い選手が前線にいたら相手も怖いだろう」とことあるごとに言っていたのが現実のものとなってるんですよね。長谷部は、あんた移籍したばかりだろう?と心配になるくらいの勇敢なプレイの連続で、さすが日本代表の主将、勇気の源です。

3-0というスコアは妥当でしょう。グアテマラの攻撃が迫力を欠いたので、守備のテストとしては少し物足りなかったですが0点におさえたのは大きいかなと。ただ、グアテマラは最後までファイトする良いチームでした。良い相手を探してきましたね。次のガーナ戦は10日。アフリカ勢は、貧弱な布陣で来日することが多くてあまりいいイメージがないのですが、良い試合を期待してます。

ではでは。
[PR]



# by 3minute | 2013-09-07 11:25 | スポーツ-サッカー

シリア攻撃決定の疑問

こんにちは。

オバマ大統領は、議会の反対に遭ってもシリア攻撃を断行する構えのようですね。ノーベル平和賞は、制度自体がなくなっちゃうんじゃないかなあ(苦笑)。

公開されていない情報がどれくらいあるのかはわかりませんが、政府軍が民間人に対して化学兵器を使用したという決定的な証拠はつかめていないし、反政府組織もなんだか胡散臭いイメージを払しょくできてないのに、正気ですか・・。ブッシュ元大統領が「大量破壊兵器がある」とイラク攻撃を行ったのを思い起こさずにはいられません。あれだって、ほんとはなかったわけだし。

米軍撤退後も不安定な情勢が続くイラク、混迷がますます深まるアフガニスタン、近年のアメリカが攻撃した後の国で良くなったところってあるんですかね。「アラブの春」とその後の混乱で考えさせられたけど、必ずしも欧米型の民主主義や自由主義がうまく機能しない地域はあるんです。絶対的な正義なんて存在しないのだから。

フセインやムバラクやアサドが良いことを行ってきたとまでは思わないけど、力でまがりなりにも秩序や治安を維持してきたのは無視すべきじゃないと考えてます。そこに自由や正義をかざして、攻め入ることに本当に意義があるのだろうか・・。

日本は、良識的な同盟国として、反対までは難しくとも、危惧の念くらいは表明してほしいです。
[PR]



# by 3minute | 2013-09-05 09:36 | ニュース-政治

シャイニング・ブレイド(PSP)

こんにちは。

シャイニングフォース・イクサがとても面白かった記憶があったので、BEST版になっていたシャイニング・ブレイドをプレイしてみました。正直、全然違うゲームですね(笑)。軽いアクションゲームを遊びたい気分だったのですが、これかこれで悪くないです。それにしても、「シャイニングフォース」シリーズと「シャイニング」シリーズは別のシリーズなのだろうか・・。

ゲームは基本、会話パートと戦闘パートを交互に進めていきます。会話パートは、好感度の上下があったりと、キャラゲーム風の作りになっています。男キャラからもハートマークが出るのはちょっとやめて欲しかったですが(苦笑)。会話パートは、バックログを呼び出せないのが不便に感じたくらいで、良くも悪くもPSPのゲームという感じです。90%くらいの会話に声もついてますし。

戦闘パートは、「戦場のヴァルキュリア」を彷彿とさせる(というか、ほぼ同じ)システムですすめられます。ユニットの状況把握&指示はS-RPGおなじみの地図上で行われるのですが、ユニットの移動&攻撃はそのユニットの目線でアクションゲームのように操作して行います。マップも全体的に狭い上に仕掛けも少なく、基本的に真っ向勝負。S-RPGとして歯ごたえがあった「戦場のヴァルキュリア」よりも、ライトな味付けです。

ファンタジー風味のキャラのモデリングは実に良くできていて、軍服と戦車ばかりだった「戦場のヴァルキュリア」よりも華やかです。ヴァルキュリアの硬派な感じも良かったけど、これはこれで良さがありますね。この戦闘システムの応用性を考えると、これからいろんな形が派生していくかもしれません。

難易度は、強制イージーモードとでもいうべきレベルで、きちんとした装備強化と、それなりのレベルアップをしておけば、圧倒的な戦力差で押し切ることができます。ボスの攻撃が2とか3という一桁台のダメージで、その反撃が100×3回とか。どっちがボスだかわからない(笑)。

唯一、スルトというボスの必殺攻撃が、おそらく防御無視の特性を持っていて、ちょっとびっくりしたくらい。戦闘回数がそれなりの回数あるので、いつもヘビーな戦いばかりじゃプレイヤーが消耗してしまうという配慮なのかもしれませんが、もうすこし緩急をつけてほしかったかな。援護射撃が着弾する前に敵は崩れ落ちてますからね。援護まで考えた意味がないというか。

5人組の出撃になるので、基本的には、主人公+盾役+魔法使い×2+回復役ということで、主人公・リック・エルミナ・アイラ・アルティナを愛用してました。とにかく魔法使いコンビが強くて、雑魚掃討からボスの部位破壊まで幅広く活躍してくれました。「すごいのいきますよ~!」で倒される敵も死にきれなかったと思いますが(笑)。

ストーリー展開は、単純明快な一本道です。これはこれで悪くないんですけど、軍勢を率いているのに無策すぎるんじゃないかなと疑問に感じるところもあったり。隊長と副隊長が仲間になったとき、2人そろって部下ほっといていいのか・・?と違和感があったり。副隊長は裏方に徹して、仲間にならなくても良かったと思いますけどね。どうせ、彼を起用する人はあまりいないでしょうし(苦笑)。良くも悪くも直球勝負。この辺は、少しシャイニングフォース・イクサに似てるかも。

前作の主人公であるリックの扱いはなんだかなという感じです。前作のハーツはやったことなかったんですが、ハーツが好きだった人にはショッキングな扱いじゃないですかね。ソウルブレイダーにするには仕方なかったのかもしれませんが、しかし・・。時系列的にはハーツの方が後になるのかもしれないと思わせる展開もありましたけどね。

それなりに楽しめましたが、発売直後にフルプライスで購入してたら多少もやもやしたかもしれません。ボリュームはともかく、ゲーム的にははっきりした魅力を感じにくかったので。悪くはなかったんですが。最新作のアークは2013年9月1日現在Amazonで700円なのか。少ししたら、遊んでみようかな。

では、この辺で。
[PR]



# by 3minute | 2013-09-01 14:39 | 感想-ゲーム(PSP)

ワールドグランプリ(女子) 日本 3 - 0 イタリア

こんにちは。

いよいよ、バレーボールのワールドグランプリ決勝ラウンドが開始されました。上位6か国で戦われるこのリーグ戦ですが、日本は予選6位。つまりは、自分たちより強い国しかいないわけです。この「強い国」とどこまで戦えるか。新生全日本の現時点での力をはかるにはもってこい。

初戦は伝統国イタリア。緻密なバレーで毎回上位に食い込んでくる強国ですが、ロンドン五輪では準々決勝で韓国に敗れメダルを逃したこともあり、新チームの構築中。10代の選手が入ってたけど、でっかいですねぇ・・。大型選手をエリートプログラムで育成しているんだろうか。アフリカに強大な植民地を持たなかったイタリアは黒人選手はほとんどいなかったものですが、人種的にも幅が広くなってきていて、これも変化の一つかもしれませんね。

ただ、イタリアはプレーが荒かった。パワーはあるけど穴も多いんですよね。そこをうまくついて、なんとストレートで勝利。もちろん、強固な守備と予選ラウンドよりも迫力を増した攻撃陣の奮闘が実った結果だと思いますが。

新セッターの宮下は、予選ラウンドではあまりセンター攻撃をしませんでしたが、連携が深まってきたのか、センターのクイック攻撃が小気味良いくらい効果を発揮していました。攻撃の幅が広がったことで、レフトやライトからの攻撃も実にスムーズ。さらに連携を深めて、ブロード攻撃も観てみたいですね。

それにしても、木村の柔らかいアタックはすごいなあ・・。決してパワフルではないけれど、きちんと意図のあるコースに打ち分けるところとか、バレーセンスにあふれてますよね。グリンカとかと比べると派手さはないけれど、十分前列で所属チームでも使われて良い位と思うんですけどね。日本人のひいき目でしょうか。

では、この辺で。
[PR]



# by 3minute | 2013-08-30 14:12 | スポーツ-いろいろ
「ドンテン」って面白い響きですよね。晴天が一番だけど曇り空も悪くない・・かも。こつぶな記事のあつまりです。
by 3minute

カウンター

検索

画像一覧