<   2013年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧




親善試合 日本 0 - 2 セルビア

こんにちは。

日本代表の欧州遠征第1弾の舞台はは東ヨーロッパ。対戦相手はW杯の切符を逃したとはいえ、強豪のセルビア。期待しない方が無理というシチュエーションでしたが、あまりにも面白みに欠ける試合でした。オシム元監督が、皮肉っぽい微笑をたたえながら、いつ目を覚ますんだい?と言いたけに肩をすくめる姿が見えそう。

スタンコビッチの引退試合となったこの試合、試合前に長いセレモニーがあったり、試合開始10分過ぎにスタンコビッチが予定通り交代で退くと、試合中断。ちょっと普通の試合ではなかったことは確かです。ただ、日本代表は良いところをあまり出せずに、流れのままに負けました。正直、ガーナ戦が面白い試合だっただけに、どこか色あせたようなこの試合への失望感は大きなものでした。

セルビアもベストにはほど遠く、「平凡なヨーロッパのチーム」にしか見えませんでしたしね。日本時間で午前0時過ぎに始まったことから、あくびを噛み殺しながら観戦していた人も多かったんじゃないでしょうか。僕はTVを消して寝る誘惑にかられながら、せっかく楽しみにしていた試合なのだから・・と最後まで見てしまいましたが。

いつもの日本代表は左サイドで組み立てて、右サイドで決めるというのがひとつの形ですよね。でも、この日は長友に執拗なマークがつくなど、日本の左サイドは自由にさせないというセルビア代表の意図を感じました。ただ、サイドに人を割いている分、中央が空くことが多く、本田がフリーでボールを受けるシーンがかなりありました。あそこで、香川と本田の距離感が良ければ、違った展開になったはずです。

でも、この試合の香川は左サイドに張り付いていることが多く、終始ポジショニングがちぐはぐだったように思います。表情も暗いし、今日は香川の日ではなかった。少なくとも、彼が日本の10番を背負っていなければ、前半で交代させられても文句は言えないパフォーマンスだったと思います・・。

いっそのこと、内田に代えて酒井高を投入して、長友を右サイドにもってきても面白かったと思うのですが。親善試合なんだし、それくらいのギャンブルはしてもよかったのでは。ザッケローニの采配は論理的で理に適っていると思うのですが、実に堅実でギャンブルはしませんよね。それは良さの裏返しなんですが、物足りなかったのは確かです。

怪我あがりの遠藤もいまひとつの出来だったように見えました。細貝が好調なのだから、細貝を先発で使ってみても面白かったと思うのですが、ザッケローニ監督の遠藤に対する信頼はそれだけ大きいということでしょう。

この試合で一番輝いていたのは、途中交代で入った清武だったと思います。彼のパスセンスは、今の日本代表メンバーでは頭一つ抜けている!とうならされるほど、意思がこもったパスをどんどん前線に供給していました。ベラルーシ戦では、先発じゃないですかね?

日本のストロングポイントである左サイドが封じられてしまうと、こうまで攻撃パターンが乏しくなってしまうのかと、見ていて悲しくなってしまいました。その分、右サイドの岡崎と内田は奮闘していたと思うけど、2人の能力を考えたら、もっともっとできるはずです。ただ、今日のような試合展開では、右サイドのMFは、岡崎より清武の方が合っていたのは確実です。前半終了時点で交代でもよかったと思うんですが・・清武をおしすぎかな?(苦笑)。

日本代表はスロースターターなので、1試合目は平凡なパフォーマンスを披露することが多いのですが、この先もこうではまずいのでは。南アフリカW杯は、初戦のカメルーンに勝利したからあそこまでいけたんだしね。

ベラルーシ戦は火曜日か。どれだけ修正してくるのか楽しみにしています。
では、この辺で。
[PR]



by 3minute | 2013-10-12 15:55 | スポーツ-サッカー

閃の軌跡(PSVita) はじめたて

こんにちは。

ゲームの感想記事は基本的にクリア後にしか書いていないのですが、「閃の軌跡」にいろいろ思うところがあるのでちょっと書いてみます。

空の軌跡FCを遊んでから、ずっと軌跡シリーズのファンだったのですが、「シリーズ初の迫力ある3D視点!」「PS3とPSVitaのクロスプラットフォーム!」といった発売前のあおり文句に抱いた不安が全て的中してしまったことが実に悲しいです!!これは僕が予見力に優れているからではなく、軌跡シリーズのファンの方が等しく抱いていた不安だったと思います・・。

3D化については、今までのグラフィックの焼き直しだとそろそろマンネリだなと感じてたのと、動力車のような近代的な乗り物とキャラクターの頭身があっていないなど色々限界がきていたので、当然の流れだったとさえ思います。ただ、やるならやりきってほしい・・。

美麗な3Dグラフィックを誇るFFシリーズやテイルズシリーズのレベルまでいきなり到達できるはずがないし、これからファルコムさんの技術力が両者に追いつくのも至難だと思います。他の要素で十分勝負できるのだから、そこまでのものを期待してない人も多かったんじゃないかな。僕もその1人で、こんなに頻繁にロードが入るのならば、グラフィックは碧の軌跡の使いまわしでもいいのではないかと悲しく思っています。

建物から出る→ロード→外でイベントが起きる→ロード(泣)。さらに、長いイベントだとイベント中にもロードがはいることがあります。このロード地獄、いつの時代のRPGだよ・・。1時間プレイしたら、そのうち10分は間違いなくロード待ちの時間。軌跡シリーズは元々ロードが多目ではありましたが、ここまで頻繁だとテンポが悪すぎます。これは、発売日を延期していいレベルだと思うし、そうしてほしかった。

発売日に購入して、このロード地獄に閉口していたところに、10月3日に修正パッチが配信されるということで、ダウンロードしてみると、かなり改善されていました。体感だと待ち時間40%減というところかな?こんな短期間にここまで改善できるのならば、もっと時間をかければ、さらにいいものが作れたかもしれないんですよね。

この利益最優先の姿勢が一番悲しい。企業だから商売は大事だと思います。でも、良心的だとユーザーに感じてもらうのも大切なことなのでは。軌跡シリーズはその良心を感じるいまどき稀有なシリーズだったから、独特の暖かみが出せたんです。なのに今回は違う・・。でも、面白いのは確かなので余計残念です。

ここまできても、ゲームアワードフューチャー賞受賞作だとか公式HPで謳いつづけているのは、ファルコムさんらしいといえばらしい気がしますが(苦笑)。クリアするころには、2周目も遊びたいと思えるように、追加の修正パッチ期待してます。

では、この辺で。
[PR]



by 3minute | 2013-10-06 01:13 | 感想-ゲーム(PSVita)

僕は自分の見たものしか信じない

僕は自分の見たものしか信じない 内田篤人 幻冬舎

こんにちは。

雨のたびに段階を踏んで(?)涼しくなってきて、過ごしやすい季節になってきましたね。日が暮れるのが速くなってきたのにいささかのさびしさを覚えるのも嫌いではないです。この秋という季節が少しでも長く続くといいのですが。

サッカー選手の本を買うのは中田英のブログが書籍化されて以来になるのかな。内田のインタビューの受け答えに通り一遍ではない面白さがあったので、どんな本を書くのだろうか、と手に取ってみました。

ひとつの書籍として見ると、構成に厳密さがないし、好きなことを好きなように書いているので、まとまりがなく感じるかもしれません。でも、それがこの本の良いところだと思います。自由なようでいて何事にも真摯な姿勢、良かったことも上手くいかなかったことも自分なりの言葉でつむいでいくところ、それでいて茶目っ気を忘れないところ、至るところに人柄が感じられて、読んでいて暖かい気持ちにさせてくれます。

内田というと、改めて言うまでもなく、年代別日本代表のレギュラーを務め、プロ入りしてから強豪の鹿島アントラーズで瞬く間にレギュラーを掴み、ドイツに渡っても名門シャルケで活躍し続ける、もちろん現日本代表でも右SBのファーストチョイス・・というエリート街道まっしぐらと言っても過言ではないようなキャリアの持ち主。

そういったサッカー選手としてのキャリアと、お世話になった方や仲間を変わらず大切にしたり、ジョルジーニョや名良橋から受け継いだ背番号2番への強い想いといった部分などなどが、自然につながるんですよね。この自然さが一番の魅力かもしれません。

表題の「僕は自分の見たものしか信じない」については、明確に意図が説明されているわけではないのですが、読み終わると何が言いたくてこの表題にしたのか、なんとなくわかると思いますよ。

では、この辺で。
[PR]



by 3minute | 2013-10-04 20:30 | 感想-本
「ドンテン」って面白い響きですよね。晴天が一番だけど曇り空も悪くない・・かも。こつぶな記事のあつまりです。
by 3minute

カウンター

検索

画像一覧