カテゴリ:ニュース-政治( 10 )




シリア攻撃決定の疑問

こんにちは。

オバマ大統領は、議会の反対に遭ってもシリア攻撃を断行する構えのようですね。ノーベル平和賞は、制度自体がなくなっちゃうんじゃないかなあ(苦笑)。

公開されていない情報がどれくらいあるのかはわかりませんが、政府軍が民間人に対して化学兵器を使用したという決定的な証拠はつかめていないし、反政府組織もなんだか胡散臭いイメージを払しょくできてないのに、正気ですか・・。ブッシュ元大統領が「大量破壊兵器がある」とイラク攻撃を行ったのを思い起こさずにはいられません。あれだって、ほんとはなかったわけだし。

米軍撤退後も不安定な情勢が続くイラク、混迷がますます深まるアフガニスタン、近年のアメリカが攻撃した後の国で良くなったところってあるんですかね。「アラブの春」とその後の混乱で考えさせられたけど、必ずしも欧米型の民主主義や自由主義がうまく機能しない地域はあるんです。絶対的な正義なんて存在しないのだから。

フセインやムバラクやアサドが良いことを行ってきたとまでは思わないけど、力でまがりなりにも秩序や治安を維持してきたのは無視すべきじゃないと考えてます。そこに自由や正義をかざして、攻め入ることに本当に意義があるのだろうか・・。

日本は、良識的な同盟国として、反対までは難しくとも、危惧の念くらいは表明してほしいです。
[PR]



by 3minute | 2013-09-05 09:36 | ニュース-政治

東アジア杯韓国戦の横断幕

こんにちは。

東アジア杯韓国戦で「歴史を忘れた民族に未来はない」と書かれた横断幕をめぐる問題ですけど、せっかくの良い勝負に水を差しますね・・。なんか、白地に墨で書きなぐったような変な横断幕があるなとは思ったのですが。

情報を集めてみたんですけど、調べれば調べるほど意味がわからない事件?だなあ、という感じです。「日本の応援団が旭日旗を振り、私たちの応援団を強く刺激したのが事態の発端でした」という韓国側の主張には無理がありますよね。あんなに巨大な横断幕は試合前から用意しておかなければならないだろうし、初戦の中国戦か次のオーストラリア戦での応援が刺激したのかな。なら、そのときに注意すればそれで済んだのでは?韓国側の主張は、どう考えても言いがかりだと思うんですけど。

そもそも、日本に対しての主張ならばハングルで書いたんじゃ意味がない。ほとんどの日本人はハングルを読めないんだから。日本語で書くのは違うにしろ、漢字(または英語)で書かないとメッセージが伝わらない。そういえばオリンピックのときもハングル表記でしたが(笑)、ほんとに伝える気があったのかなあ?と首をかしげてしまう。それに、朝日新聞の広告がたくさんでてたけど、あれは良いのかな。朝日新聞の社旗って、旭日旗にかなり似たデザインですよね。そっちは目立たなかったから良いのか。

オリンピックで政治的主張をして国際ルールに抵触した「歴史を忘れた」行為ですという自虐ネタなのかな・・。韓国は嫌いじゃない(むしろ、今まで接したことのある韓国人は誠実な人が多いと好意を持ってるくらいなのですが)けど、こういう行為はやめて欲しい。なんか、内向きな自己満足っぽい側面が否めないと思うんです。民度うんぬんは言いすぎじゃないかと思うけど、理性的に反省すべきは反省してほしいです。

なんだかな・・。
[PR]



by 3minute | 2013-08-04 15:17 | ニュース-政治

参院選2013終局

こんにちは。

参院選が終わり、大方の予想通り自民党の大勝という結果となりました。対抗する各政党は具体的な政策案を提示する能力あるいは意思が低く、有権者をなめているとしか思えないような低レベルな主張の数々に苦笑するばかりです。これでは自民党が勝って当たり前です。

特に民主党にはがっかりさせられました。民主党には、自民党とは違ったスタイルの現実的なビジョンが求められていたと思うんですが、そのあたりは悲しくなるくらいスカスカで、最低保障年金なんて実現性に乏しいバラマキ色の強い政策をかかげてどうする気だったんでしょうか。支持を集められなくて当然です。1人区で全滅までは予想してませんでしたが。

民主党政権時代の事業仕分けは、功罪ともにあるけれど面白い試みでした。僕は行政機関の人間ですが、あれで間接的にせよ無駄を削減する方向性に向かいましたからね。自民党にとって代わる能力を持つ政党なのに、このまま終わってほしくないです。人材は払底しているわけではないのだから。

今回やたらと元気だった共産党はあまり伸びませんでしたね。反原発はわかるんですが、共産党が護憲をさけぶのはやっぱり無理があったのかなと(笑)。対して公明党は、自民党のブレーキ役・良心を訴えるあたりがうまいなあ。公明党はあまり好きじゃないんですが、今回の選挙戦略は実にうまかったなと。実に効率的でした。

これで、自民党はしばらくの間、選挙を気にすることなく国政にあたることができるようになりました。まさに、言い訳が効かなくなったわけで、禍福は糾える縄の如しと言いますが、ここでかじ取りを誤ると民主党に大敗した時のような状態に陥るでしょう。昔の自民党に戻ったら終わるくらいの気持ちでやってほしい。不人気だけど必要な政策の実行も避けることなく進めてほしい。原発稼働、社会保障の負担増、消費税増税と財政健全化、そして憲法改正。まさにいばらの道ですね・・。

その上で、安定政権になったならば、さすがは自民党と称賛させていただきます。
ではでは。
[PR]



by 3minute | 2013-07-22 20:21 | ニュース-政治

参院選2013

こんにちは。

各党の主張やニュースを聞く限りでは、今回の参院選で自民党が過半数を確保する程度の勝利を収めることは間違いないでしょう。

民主党はいったい何がやりたいのかわからない。覇気も勢いも感じない。今の党組織を維持することが困難なくらい負けそうな気がします・・。こんなところで終わってほしくないのですが。維新とみんなは、衆院選の後、効果的に存在感を示すことができなかったのが響くでしょうね。期間が短かったから仕方ない部分はありますが、一番の話題は慰安婦発言からの同盟解消とは悲しすぎます。

共産党と社民党は一見主張がはっきりしているように聞こえるけど、どうやって実現していくかについてはまったく具体的でない。55年体制下の社会党みたいに反対反対と打ち上げておいて生き残れればいいのか、と勘繰ってしまいますよ。

となると、この選挙は自民党の一人相撲に近い。自民党が信用できるか否かということが一番のポイントになるんでしょう。いまだ途上にあるアベノミクスの賛否はまだなんとも言えませんが、少なくとも政治が動いている感じがするのが一番の魅力だと思います。良いかどうかは分からないけれど、すくなくとも現実的でまともな政権ではあります。鳩山元首相が理解に苦しむ行動を続けているおかげで、よけい引き立って見えます(苦笑)。

憲法改正とか対外強硬路線はちょっと怖いけど、安定政権ではあってほしい、そういった願い(?)が反映された結果になるんじゃないかと勝手に予想してます。過半数確保、しかし勝ちすぎない・・くらいかな。

自民党で一番のネック(?)は、菅官房長官じゃないですかね。なんか暗いんですよね(個人攻撃みたいですみません)。まともなこと言ってるのに、原稿を読み上げているようにしか印象に残らないというか・・。小泉政権の時、福田元首相が官房長官だった時も評判は良くなかったけど、エスプリの利いたジョークはありましたからね。

では。
[PR]



by 3minute | 2013-07-14 14:31 | ニュース-政治

憲法96条改正

こんにちは。

憲法記念日ということで、ニュース系番組はどこも憲法論議をとりあげていて、なかなか興味深い内容だったので、なんかいろんな局の論議を観てしまいました(笑)。概ね昨今記憶にないくらい賛成論が強い印象でしたね。まあ、改憲賛成派が衆議院で3分の2を超えているという時勢と、北朝鮮や中国への不審や怒りにもあと押しされているのでわからなくはないんですが。

・・ほんとにそれでいいのか。

このフワフワしたような空気の中で改憲するのには、正直怖さがあります。僕としては、96条は「国会過半数+国民投票」くらいが妥当という意見なので、決して反対ではないのですが、改憲し易くなった先のかじ取りは決して平たんな道ではないし、それだけでなく国内はもちろん周辺各国も刺激して危険だとさえ思うわけです。それについてどう考えているのか、という視点はほとんどありませんでした。

今が好機だから・・という流れで持っていこうとはしていないだろうか。首相の「断固たる決意」だけでは不足です。せめてアメリカと韓国くらいは味方につけておかないと。改憲は自分らの問題ですが、日本くらいの力を持つ国が改憲をするというのは、国際的な大ニュースですから。まあ、それくらいは考えて動いていると思いますが・・。

本丸と目される9条の改正にまでつながっていくことが間違いないだけに、最低でも夏にある参院選の争点くらいにはしてほしいものです。アベノミクスみたいに、ほわわ~んとしているうちに状況がどんどん好転していく不思議なんてそうはないのだから。

なんか、いつになくシリアスになってしまいましたね(汗)。
読み流していただければ。ではでは。
[PR]



by 3minute | 2013-05-04 13:58 | ニュース-政治

3.11

こんにちは。

三月十一日、この日が日本に住む人にとってずっと忘れられない日になってから2年が経ちました。

支援隊の一員として何度か被災地にいったことがあるのですが、凄まじい破壊後の再生の難しさが文字通り広がっていたというところに、やるせなさを感じます。震災直後に報道されたことは、今でも現代日本に起こったことだとは思えないことばかりでしたから。

瓦礫処理も放射線が絡んでなければ、もっとスムーズに行えるのですが・・。
[PR]



by 3minute | 2013-03-11 22:41 | ニュース-政治

中国高速鉄道事故

こんにちは。

中国高速鉄道事故の映像に戦慄してしまいました。200キロを超える速度の車がぶつかると、あんなになってしまうものなのですね。追突した側の先頭車両を含め4車両全損って・・。亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。

その一方で、自信満々だった中国当局に対して「ざまあないな」とか「そらみたことか」といった感情がないと言ったら、それは嘘になります。心の貧しさですかね・・。嫌中感情はないつもりですけど、新幹線の特許問題とか、いろいろあった矢先だったから余計。

当事者が事故の隠ぺい工作に走り、子供でもわかるようなウソを並べ立て(落雷でシステムが狂った云々)、事故が一時的かつ突発的なものであるかのように取り繕う・・その辺は、どの国でも見られることです(日本の原発事故もそんな感じだったし)。

それは人間社会の常として、まあ仕方がないのかなと思う。醜いと言ってしまえばそれまでだけど、彼らにも守るべき生活があるわけだから。もちろん、原因を解明して、しかるべき処置をとることは当然ですが。

それにしても、事故原因の解明もままならない時点で、事故車両を穴掘って埋めるという。物理的な隠ぺいに走る姿には仰天してしまいましたよ。中国は世界第2位の経済大国ですよね。でも、先進国の仲間入りははたしていないのではないか?とクエスチョンマークをみずからばらまく愚行。

そういえば、北京五輪のときも、貧民街が見えないように壁を作ってましたね・・その体質は変わってないのかな。賠償金の払い方も、強圧的で変化が見られないどころか、かえって札束で頬を殴るような態度が強まってる気がする。

こういう行為をあざ笑うのは簡単なのですが、中国のこれからについて、うすら寒いものを感じてしまったのは僕だけではないはずです。こんなこと長続きするわけないし、中国はどこに向かおうとしているのか。

アメリカの敵視政策で、イスラム勢力の次のターゲットになることだけはやめてほしいです。なまじ力が大きいだけに冷戦時代のようなことになってしまうから。すでに始まっているという見方もあるけどね・・。

事なかれ主義の僕は、日本近辺できな臭いことにならないことを願うばかりです。
[PR]



by 3minute | 2011-08-07 23:58 | ニュース-政治

計画停電!

こんにちは。

地震は起きても締め切りは延期にならない!ってことで、最近まで職場に泊まり込みで延々と仕事してました。残業は嫌いなのですが、責任ははたさないと・・。疲労回復用のドリンク剤もらったりしましたけど、僕あれダメなんですよ。どんなにライトなやつでも、飲むと鼻血が止まらなくなる(笑)。

泊まり込みに入る前は、東京電力の計画停電の影響で、公共交通手段(主に電車)が狂いっぱなしで、やたらと混雑するのでうんざりしていたのですが、最近はだいぶ改善されてきたように感じます。ぎっしり人が詰まっている車内に強引に乗ろうとして、ドア周辺の人と小競り合いを始める人を以前より見なくなりましたんで(笑)。

でも、地下の案内板とか、ショーウィンドウの照明とか、節電できるところはどんどんカットされているので、地下街は心なしかくすんで見えます。ああなるほど、光を当て続けることで綺麗に見えていたけれど、実はあまり綺麗でもなかったんだなぁ、なんて細かい部分のライトアップ効果に感心しちゃったり。

生活水準的には不便といっちゃ不便ですが、壊滅した被災地の映像や、波にさらわれた方が1000人単位で浜辺に打ち上げられたというニュースなど、残酷なまでの現実の前には、この程度で文句は言えないな、という空気がある気がします。このパワー(?)はすごいです。

昔、といってもそんなに前じゃないけど、小泉内閣のときの税制改革で「国民全体のための痛み」という言葉がよくつかわれていましたけど、まさにそれが目に見える形になっているのかな・・と。一番身近だった痛みであった「職場のエアコンは全面停止!」というつらさは、気温の上昇でなくなってきましたけど、一時期ほんとに寒かったし!寒すぎて眠れなかったくらい(笑)。

こういった体験が、くったくのない笑い話になる日が早く来ると良いな。
ではでは!
[PR]



by 3minute | 2011-04-10 22:10 | ニュース-政治

尖閣諸島とか

こんにちは。

尖閣諸島で漁船との衝突事故が起こってから、それなりにニュースを追ってきましたが、日本には戦略的な思考というか芯となる指針が決定的に欠けているのが見て取れて、いち国民としてちょっと悲しい。

衝突時のビデオの流出だって、あれを外交カードとして使おうとした浅ましさの行き着いた先という感じで、阿呆らしい発言が発端の法相の辞任問題もあわせて、ヤキがまわっているとしか言いようがないです。現場で働いている方は必死なんだとは思いますが・・。

尖閣諸島というと海洋資源ばかりがとりざたされますけど、中国からしてみればそれだけじゃないですよね。あそこまで台湾に近い海域まで日本の主権が及んでいるということは、同盟国である米軍が容易にそこまで進出できるわけで、そういった地政学的な要素もかなり強いと思います。極論ですけど、黄海で米韓が行ったような軍事演習をあのあたりでやったっていいわけだし。

ただ、あそこを領土係争地帯にしておけば、うかつに他国は手が出せませんからね。先手を打たれてしまいました。それがもどかしく映ります。南シナ海への恫喝もあるし、ますます中国が活動を活発化させてくるのは間違いない。妙手を返せると良いんですけどね。

まあ、あんまり政治を熱く語るブログではないのでやめておきます。中国といえば、アジア大会面白かったなぁ。そっちの話題に移ろうかな。
[PR]



by 3minute | 2010-12-03 23:30 | ニュース-政治

管改造内閣発足

こんにちは。

やはり雨の力は偉大です。気温がぐっと下がって、一気に秋らしい気配になってきました。昼は依然として暑い日もあるのですが、夜は全然違いますよね。扇風機に冷房機能が追加されたかのようです。涼しい・・というより肌寒い。

民主党の代表選挙は、管氏の勝利に終わったようで。現職の首相、対抗候補は汚職嫌疑がかけられている。そういった圧倒的に有利な立場にいながら、ここまで粘られてしまったのは、管改造内閣に影を落とすこと必至でしょう。さっそく、幹事長人事が難航しましたしね。

細かい事情は知りようもありませんけど、小沢氏は、言っていることは具体性と現実性に乏しく、内容は滅茶苦茶でしたが、演説は何か訴えかける力があり、そこが接戦になった大きな理由だった気がします。この人ならもしかして・・?みたいな。小沢氏は首相にふさわしかったとは思わないけど、そこはすごかった。

管首相は、ようやく自前の内閣を持つことができたわけですが、大きな決断を要する難題が山積していることを考えると、強力な指導力を発揮しない限り、1年以内に破綻する確率はかなり高い。もちろん、頑張ってほしいし成功を願ってますけどね。

自民党はまったくよくなっていないのに、政権を譲り渡すのだけはやめてほしいです。
[PR]



by 3minute | 2010-09-19 21:22 | ニュース-政治
「ドンテン」って面白い響きですよね。晴天が一番だけど曇り空も悪くない・・かも。こつぶな記事のあつまりです。
by 3minute

カウンター

検索

画像一覧