FRONTIER GATE Boost+(1)(PSP)

こんにちは。

PSPでちまちま遊んでいたフロンティアゲートが一区切りついたので、ここまでの感想を書いてみたいと思います。一区切りとは、中ボス(?)を倒して、Boost+で追加された部分に突入したという意味で、Lv50程度です。クリアはLv120程度とのことなので、先はまだまだ長そう。中ボスはもっと早くに倒せたと思うのですが、パートナーのフロンティアレベルをLv10にしてから倒したかったので、Lv50を超えてしまいました。

ゲーム自体は至って淡々と進んでいくので、ドラマティックな展開やストーリーを期待していると、ちょっと違うかもしれません。ひたすらクエストを受けて、色んな土地を探索し、シンボルエンカウントの敵と戦い、ちょこっとだけストーリーが進む・・みたいな。実にシンプルです。

自キャラや仲間がやればやるほど強くなっていくのが楽しいゲームなので、そこが楽しめないときついかな。まあ、派手な楽しさはないですが、シンプルゆえの中毒性に似た魅力と楽しさがつまっていますので、つぼにはまると長く遊べそうです。僕はこういうゲーム大好きですけどね(笑)。

戦闘は、オーソドックスなコマンド入力式で、戦意の要素を取り入れているところが特徴です。戦意が高ければ攻防力が高まり、AP(アクションポイント)が増えたくさんの技が使えます。それは敵味方共通ですので、味方の戦意が高く、敵の戦意が低ければ優位に戦いを進めることができます。

そこで考えどころとなるのは、味方の戦意を上げるのが先か、敵の戦意を下げるのが先かということになると思います。今まで遊んだ感じですと、雑魚戦は特に戦意を意識しなくていいと思います。戦闘回数が多いゲームなので、雑魚くらいはさくっと倒したいですしね。

ボスや格上との戦いでは敵の戦意を下げるのが有効です。というのは、被ダメが大きいとパーティー人数が少ないこともあり苦しい展開になりますので、安定して戦える素地を作っておくのが大切だからです。ボスや格上との戦いでは被ダメが実に大きく、薬品を使わないと攻撃すらできない状況にもおちいりかねませんから。ボスは戦意向上の技を使ってくるので、その都度丁寧に戦意を下げていくと戦局が安定すると思います。

パーティメンバーは、自分とパートナーの2人しかいないのも特徴的ですね。パートナー候補はたくさんいるので、とっかえひっかえして自分に合ったパートナーを選んでいくことになります。パートナーのステータスはほとんど横一線ですので、外見と性格、それに使用できる武器種で選んでいくことになるんじゃないかな。

僕は、アレッティオ→マリアシャルテ→シグリット→ニケときて、結局ニケを重用してました。空元気っぽい(?)明るさが良いですね。使用できる武器種は微妙なのですが、重打撃の大鎌を使うことで火力を維持できればいいかな・・と。

武器種は、自キャラでも重要です。最初から装備している片手剣で始めて、そこから自分の好みとパートナーに合わせた武器に変えていくのがよさそうです。下に僕が使った武器種の感想を書いてみました。参考になれば。双剣をイチオシしてますが(笑)。

上でも書きましたが、かなり地味なゲームです。ちまちまやっていくのが楽しい人向けかな。カテゴライズされているRPGって感じは、あまりしなかったなあ。値段もお手頃なので、気になったらのならば体験版を楽しんでみるのがいいかも。僕は体験版から入りました。

ちょこっと気になるのは、クエスト完遂後、「おめでとうございます!」といわれることです。開拓の仕事をしているのだから、ここは「お疲れ様です!」では?と細かい突込みをいれたくなるのですがどうでしょう。

ではでは。


〇武器種をつかってみた感想

片手剣・・使いやすい技がそろい、隙がないので、いろんな状況に対応できます。空いた手に盾を装備できるのも大きいです。その反面、面白みに欠けるというか、個性に欠けるところはありますね。

両手剣・・威力が高い技が揃う反面、技の発動が遅いのでコンボにわりこまれることもしばしば。ただ、戦意操作とダメージを両立できる技が揃っているので、長いこと愛用してました。ドラゴンティアはお気に入りでした。

槍・・両手を使う武器にしては威力が心もとないです。敵の戦意を下げる技が充実していますが、なんか地味です。

弓・・カウンターを受けない遠距離攻撃武器ですが、威力を求めることはできません。全体攻撃できる技があるのと捕獲に適しているので、サブ武器として使っていくのがよさそう。

ボウガン・・ボウガンというよりも銃という印象がありますね。弓よりも強力な技が揃ってますが、やはり火力不足は否めません。

双剣・・いままで使ってきた武器ではぶっちぎりで最強。スパイラルアクトがとにかく強い。他の武器では、戦意操作はマイナスだが威力は強い・・という技があるのですが、スパイラルアクトは強い上に敵の戦意をごっそり削ぐことができて、設定ミスではないかと疑うほどの有用度です。

刀・・他の武器が抜身のまま背負う形であるのに対して、ちゃんと鞘に納めた形で持ち運べるのが良い(仕方ないのですが、刃物を抜き身のまま背負うのはおかしいですよ?)。武器の強化は難しいが、技の性能は良いものがそろっています。今後に期待・・かな。

闘拳・・攻撃力が強そうなイメージだが、攻撃力はそうでもないです。麻痺付加効果のある技が多いのは+。ただ、回復と蘇生の技を持っているのが大きく、発動の遅い魔法に頼らずともPTの状態を維持していける守備的な武器と言えます。飛空連撃も使いやすく、長いこと愛用してました。

軽打撃・・片手剣と似た感じだけど、なんか地味。使えないわけではないのですが、決定打に欠けるというか。かえるの舞は結構好きですが(笑)。

重打撃・・大技が強いが、小技も意外と使える。樹木倒しはコストパフォーマンスに優れていて愛用してました。正直、パートナーにニケを使っていなければ使わなかった武器だと思います(苦笑)。

戦盾・・ユニークな武器だと思うけど、威力に乏しい技が多く、守備的な色合いが強いのは当然のことかな。わるくないんだけど、いかつい装備が多いのがあまり好きになれませんでした。

魔法・・回復魔法以外は、正直あまり使えないと思います。魔法全体で熟練度を共有できればもっと使いやすかったんですけどね。もっと使ってみたいんだけど、仕様的に中途半端な印象です。

総合的には、双剣がとびぬけていて、両手剣・闘拳が続くと思います。ブーストスキル習得後はどうなるかわかりませんが・・。
[PR]



by 3minute | 2013-04-15 22:31 | 感想-ゲーム(PSP)
「ドンテン」って面白い響きですよね。晴天が一番だけど曇り空も悪くない・・かも。こつぶな記事のあつまりです。
by 3minute

カウンター

検索

画像一覧