ワールドサッカーウイニングイレブン2012(PS3)

こんにちは。

NHKのBSサッカー中継のカードがショボくなった気がする今日この頃。性懲りもなく、たたき売りされていたWE2012を買ってみました。

WE2011を楽しんだ後、評判の高いFIFAシリーズも遊んでみたのですが、残念ながら馴染めませんでした。なんていうか、洋ゲーって感じなんですよ。試合の操作感やCOMの動きはFIFAの方が断然優れていると思いますが、全体に漂う洋ゲーテイストに馴染めず・・。ここら辺保守的かなあとも思うのですが、やっぱWEの方が落ち着きますね。

で、WE2012ですが、操作面は2011よりも簡単になっていて、スルーパスなどは、ホーミング機能がついてるんじゃないかと思うくらい、前線の選手の足元に吸い付きます。クロスを上げるよりも、横からペナルティエリアにスルーパスを送り込んだ方が得点のニオイがするくらいです。そうすると、変なスライディングシュートで合わせてくれます(笑)。全体的に、スライディングシュートが目立ち、なんだかなという感じです。そんな無理矢理撃ってくれなくてもいいのに。

サイドの動きはかなり改善されていますが、キーパーの動きは劣化した気がします。ニアサイドにシュートしたら、横っ飛びのポーズになって、さっきまでキーパーがいた空間をボールが抜けていったのには苦笑するしかないですよ(笑)。また、2011よりど真ん中へのシュートが決まりやすい気がします。なぜこうしたのだろう。

ディフェンスにディレイ動作が追加されたのは面白そうだと思ったけど、これは失敗かも。僕が、BALモードでばかり遊んでるから悪いのかもしれませんが、COMのディレイを駆使した一対一は、脱力感が漂うものになってます。向かい合ったままディフェンダーがズルズル後退していき、仕舞いにはペナルティエリアにまで侵入される。そこで一気に抜き去られてゴール・・。おいおい、なんのためのディレイだったんだ!?と突っ込みたくなります。

正直、試合中の操作面では2011の方が楽しいです。少なくとも僕にとっては。なので、廉価版WEをお探しの方には2011がオススメです。

2012で一番気に入ったのは、クラブオーナーモードですね!おまけ的な位置付けなのですが、これにははまりました。なんせ、ゲーム内で50年以上遊びましたんで(笑)。2012になっても、マスターリーグでの監督モード倍速観戦は実装されておらず、がっかりだったのですが、その分オーナーモードはサクサク遊べていいですね。

フォーメーションが変えられなかったり、選手を勝手に売り飛ばされたり、監督のトレーニングが極端だったり、微妙なところはあるのですが、自分が作ったチームを見守っていくのが妙に楽しく、気付くとちょくちょく遊んでしまいます。

最大の敵は、勝手に自チームの選手を売り飛ばすCOMです(笑)。移籍期間は目を光らせていないと、主力選手がバンバン売りに出されます。そんで、その代わりにしょっぼい選手をつれてくるんです。チーム編成上、要らなくなった選手はなかなか売れないのが世知辛い。年棒の関係で最悪クビにするしかないんで(泣)。

名選手の引退後、転生したときの争奪戦は燃えます。優秀な若い選手を移籍金ゼロで手に入れる大チャンスですからね。COMとの争奪戦は熾烈で、一度にたくさん転生すると、メインターゲットをしぼりこんでおかないと、ことごとくかっさらわれてしまいます。目当ての選手が3人獲れれば大成功。あとは、チームの主力になるまでじっくり育てます。

この世代交代が楽しくて仕方ないんです。オーナーモード、もう少しつくりこんでくれませんかね・・。WEの別の楽しみ方に化けそうなのにな。マスターリーグの倍速観戦もぜひぜひ導入してほしいところです。

ちょっと変則的な遊び方ながら、十分楽しめました。でも、定価で買う気はまだしないなあ。もう少しなんだけどな。2013も安くなったら試してみよう。ちなみに、WE2012は、2013年3月4日現在で480円でした。

ではでは、この辺で。
[PR]



by 3minute | 2013-03-04 22:09 | 感想-ゲーム(PS3)
「ドンテン」って面白い響きですよね。晴天が一番だけど曇り空も悪くない・・かも。こつぶな記事のあつまりです。
by 3minute

カウンター

検索

画像一覧