サモンナイト4(PSP)

こんにちは。

PSPにリメイクされたサモン3には、その快適性に驚かされたものですが、同じシステムであるリメイク版サモン4は、3をプレイした後だけにそういった驚きはありませんでした。リメイク版のシステムまわりが元々PS2版サモン4をベースにしたものなのだから、当然と言えば当然なんですけどね。

驚きと言えば、サモン3のデータがあると傀儡ユニットなどの恩恵があるとは聞いていたのですが、それが予想をはるかに超えていたことです。傀儡ユニットはサモン3のプレイ状況を問わず全種ユニットが使用可能です。また、召喚石も1つずつとはいえ、オルドレイクの持っていた召喚石までいきなりアイテム一覧に入っていたのにはびっくり。ゲームバランスは自己責任でお願いしますというメッセージなんでしょうか(笑)。

元々前作キャラの登場が多いサモン4なので、傀儡ユニットを加えるともはやオールスターといってもいいくらいの陣容です。ガゼル&りプレ・・懐かしい!アルバだけでなく、フィズ達も成長した姿で登場するのも嬉しい。元々お祭り的な要素が強かったのですが、リメイク版はさらにそれが強まった印象ですね。なぜサモン3の方でもサモン4のデータがあればサモン4のユニットが使えるようにならないんだ!なんて、理不尽(?)な考えもでてきたりして。

サモン4の新メンバーでレギュラーに生き残ったのは、1周目では竜の子とリシェルとミントだけでした。前衛と獣属性召喚士は、まさに激戦区です。他メンバーは、イベントシーンだけの登場になってしまい、自分の選択とはいえ少し寂しい。この辺、自分で縛りを入れないと収拾つかないですね。制限のない抜剣者はほんと強い。4の主人公より強い(笑)。まあ、2と3の主人公はボイスがないので、あまりメンバーに入れすぎると、無言の集団になっちゃいますがね!

ストーリーは可もなく不可もなくといったところじゃないでしょうか。物語の背景は相変わらず重いのですが、軽いタッチで進んでいくのは賛否が分かれそうなので。まあ、お祭りらしく直情径行型の主人公でぴったりだったと思いますけど、サモンナイトらしさは希薄だったかなと。

ミニゲームのガーデンパズルの問題が一新されていたのはびっくり。PS2版より難しくなってないか、これ?(笑)。あと、味方ユニットを再行動させる「踊り子」が試験的(?)に投入されたのも興味深いです。MP毎ターン回復ユニットと組ませた、ペンタ君地獄(勝手に命名)は、サモンナイトの戦術に新たな可能性を見せてくれました。

やっぱ、サモンナイトは面白いなあ・・サモンナイト5が待ち遠しいです。
ではでは、この辺で。
[PR]



by 3minute | 2013-02-11 11:17 | 感想-ゲーム(PSP)
「ドンテン」って面白い響きですよね。晴天が一番だけど曇り空も悪くない・・かも。こつぶな記事のあつまりです。
by 3minute

カウンター

検索

画像一覧